ストレスが溜まりすぎると意外なところにも…

これは、私自身の体験なので、全員に当てはまるかどうかは分かりません。
へ~…こんなこともあるんだなあ…
ってくらいの感じで読み進めて下さい。

会社勤めの頃の話です。毎日14時間勤務で、物覚えの悪い私は、上司、先輩と顔を合わせると、常に怒られていました。
もちろん、心身衰弱状態になるわけですが…

あるとき、仕事の失敗以上にココロに突き刺さることで怒られました。それは

お前の身体が臭い!ちゃんと風呂に入っているのか?

もちろん、毎日風呂に入り、しっかりと身体を洗う。毎日の歯磨きと同じことをやってましたよ…
それを言われたときには、キツイことを言うなあ…という程度でしか思っていなかったのですが、今振り返ると

ストレスが原因で、身体から悪臭を放つこともあるんだ…

ということを、自身の身体で体験したわけです。(もちろん、科学的根拠はありませんけど…)

もちろん、今は、お客様と接していても、そのようなことで、ご指摘を受けるということはありません。

ということは?ストレス過多、精神的ダメージ、そのようなことが重なった結果としか考えられません…

なぜ、このような、私の体験を書いたのか?ということですが、多くの人は、結果、だけにフォーカスし、そこだけを変えようとしている、ということを言いたいわけです。

例えば、腰痛、肩こりがあれば、それらだけを取り除こうとする。それも確かに大事ですが、それらの痛みを引き起こした原因、そこを変えない限りは結果は変わらないわけですね?
原因とは?普段の考え方だったり、無理な生活習慣だったりします。さらに、もっと核の部分には

過剰なストレスの蓄積

があるのです。

まずは、そこを取り除く、そして、今置かれている状況下での原因にフォーカスする。原因を変えれば、自然と結果も変わっていく、というわけです。

これは、痛みだけに留まらず、思うようにことが運ばない、失敗が多い、といった行動に対する結果に対しても、同じことが言えます。

だってそうでしょ?

心身が衰弱しているときに、正常な思考、判断力を求めることができますか?

なので、ココロ、身体の状態の「流れ」が悪い!

と感じたら、まずは、立ち止まり、心身を整えることに集中するのです。

心身をクリアにする ホットストレッチの詳細はコチラ↓
http://www.stresscaresupport.com/individual/

この記事へのコメント