今日で最後という気持ちで臨む

7年近く、お越しになられていたクライアントがいらっしゃいました。その方は、昨年末の引っ越しを機に、お会いすることができなくなってしまいました…



定期的にお越しになり、ホットストレッチによって毎回元気になられる姿を楽しみにしていたのですが、別れというものは突然、やってくるものですね




これまで、当たり前のようにお会いできていましたが、いざ、会えなくなると、虚しさが出てきます。




このクライアントとお会いすることが今日最後だとすると、私はどのようなサービスを提供するだろうか?





常にこのような問いを自身に投げつけ、今後はクライアントと接して行こうと決意しました。

少しだけ惰性になっていたことは否めません…


今以上にココロを込めて

https://stresscaresupport.com/

この記事へのコメント