治る、治らないは二の次

ゆかいさぽーとでは、対症療法を行っていません


なぜかって?


正直申し上げまして


症状を取り除くスキルは持っていないからです

しかし

長年苦しんでいる、症状の背景には必ず、身体に過剰な不純物が存在します

それらをクリアにするスキルを持ち合わせているのです

ずっと、身体の痛みに耐えている方や

ココロが折れて、なかなか立ち直れない方

多くの相談が寄せられます


そのような症状を一つ一つ、対応していくことは、困難です

このような代表的症状はありますが、人間の感受性は、多種多様です


心身の不調の背景にある、身体の不純物

症状を発症する際には必ず存在します


それらをクリアにすることを目的にします

心身がクリアになると?

上記のような症状のほとんどは、自然と和らぎます


中には、症状として残る場合はあります


これって効果なかったんじゃない?

と思われがちですが


一回のセッションで、必ず身体はクリアになっています

それでも症状が残るということは

その方にとって必要な症状なのです

???

ですか?

自然体からかけ離れた、生活習慣、思考を繰り返すと、心身に警報として症状が出ます

つまり

注意喚起として、症状が残る、ということもあるわけです

心身がクリアになると

このような症状をマイナスとして捉えるのではなく

プラスに捉えることができます

最初のケアは、身体からココロ、身体をクリアにします

そこからは

意識から、身体をクリアにする能力が身につきます

このように考えると

症状が取れる、取れない、といったことに固執しなくてもいい状態になっていくのです



心身をクリアにする ホットストレッチの詳細はコチラ↓
https://stresscaresupport.com/service-contents/individual/



この記事へのコメント